「バナナの皮」は捨てちゃダメ!試してみたいバナナの皮の使い道3選

2015年9月23日

■バナナの皮を捨てるのは勿体無い!

6fd9a8f2f65a4c169c003350efcff28a_s朝ごはんに、ダイエット中のおやつに。バナナは栄養豊富ながらにお腹を満たせる優れものです。しかし、バナナが優れているのは可食部だけではありません。実は、いつもはポイっと捨ててしまっているバナナの皮も、かなりの優等生なのですよ!

今日は、思わず「そんなバナナ…!」とあえて寒い突っ込みを入れたくなるようなバナナの皮の使い方をお伝えします!


■1.お肉をジューシーにする

94edded0a19359569f07875b6f133d05_s残念ながらバナナの皮を食べることはできません。しかし、バナナの皮に含まれる成分は調理の時に役立ちます!お肉を焼く時に、フライパンにバナナの皮を一緒に入れると、バナナの皮に含まれる酵素が機能して、お肉が柔らかくジューシーになるのです。近々お肉料理をする日に、ぜひバナナの皮の効果を試してみてください!

■2.歯をホワイトニングする

150923_歯磨き

驚くべきことに、バナナには歯のホワイトニング効果があるのです。バナナの皮の内側の白い部分で歯をこすり、数分間放置。そのあとで歯ブラシで磨く、というのを数週間続けていると、皮に含まれるミネラルが作用して徐々に歯が白くなっていくようです!朝ごはんにバナナを食べる習慣がある方は、ぜひ毎朝続けてみてください!

■3.かゆみをチルアウトする

4cd396e8d4fff8bd503e60e11dbad96e_s

バナナの皮には、かゆみを軽減する効果があり、虫さされの応急処置に役立つとされています。さらに、鎮痛効果もあるようなので、やけどや擦り傷の際にも使えます。夏が過ぎたと思って油断していると案外虫さされに遭遇します。アウトドアを楽しまれる方は、食料兼虫さされ対策としてバナナを持参すると良いかもしれません!

このように、バナナの皮には実は使い道があるのです。いつも皮を捨てている方は、ぜひ今度はとっておき、効果を試してみてくださいね♪

*関連記事

【衝撃】スイカの種を捨ててた人は、今までずっと損してた!

あなたの嫌いな食べ物の味を見事に消してくれる”パートナー”とは?〜野菜編〜

【発見】玉ねぎは「切り方」で味が変わることを味覚センサーが証明!

【味覚センサー】「焼き芋の皮だけ」は売れるか?

甘いものを食べて、脂肪ではなく筋肉がつくとしたら!?


味覚の話題なら味博士にお任せ!

FacebookTwitterもぜひチェックしてください♪

 

当ブログでは、味覚に関する企画を募集しております。
味博士に聞いてみたい味覚の謎、気になるおいしい食べ合わせなど何でも結構です。
ご気軽に問い合わせフォームまたはコメント欄にご意見をお寄せ下さいませ。

 

味覚に関する詳細は拙著をご覧ください。
日本人の味覚は世界一 /
【日本人の味覚は世界一 (廣済堂新書 36) [新書]】
■鈴木 隆一 (著)
■廣済堂新書
■税込¥ 691

 

味博士
味覚センサーレオを中心として、味覚や食の科学に関するニュースを配信しています。