【2分で身に付く教養】食に対する「日本の心」とは?

【2分で身に付く教養】食に対する「日本の心」とは?

■和食と海外の料理、違いを一言で表せますか?141126日の丸イメージ世界的に人気の高まっている、和食。

独特の食材や味付けはもちろんのこと、栄養バランスの良いところが健康意識の高まっている時代の流れにマッチしていますね。

そんな和食が、他の国の料理と最も違う点は何だと思いますか?

今日は和食についての教養を身につけましょう♪

 

■食に対する「日本の心」とは

和食が他の国と大きく異なるところは、日本が「自然の風味」を大切にしてきた点です。

“なるべく香辛料を使わず、素材の味を活かす”これが古くからの日本人の食に対する姿勢であり、他の国では見られない日本独自のものなのです。

ワサビなどの薬味はあれど、それらは食材の風味を引き立てるだけで、薬味自体の味を主張するわけではありません。

食に対する「日本の心」とは、自然の風味を活かす事なのです!

 

■「日本の心」を育てたのは豊かな資源

こうした「日本の心」が育まれたのは、日本の環境が大きく影響しています。

日本は海に囲まれた島国であるため海産資源に恵まれていたほか、農耕を始める前から定住生活ができたほど、食材が豊富でした。

このため、食料を食べ尽くしては移動して、新しいすみかを探さなければならなかったような他国の民族と比べて、”地元で摂れる食材をいかに美味しく食べるか?”ということに多く時間をかけてこだわることができたのです。

特に海藻を食べる文化は特徴的で、日本では当たり前のように昆布でだしをとりますよね。

しかし、英語で海藻は”seaweed”(海の雑草)と呼ばれるように、日本の外から見れば昆布を食材と捉えること自体が不思議だったのです。

 

ユネスコの無形文化遺産にも登録された和食は、豊かな自然と、それを大切に扱う日本人が育ててきた、世界に誇るべき文化なのですね!

 

*日本と海外の栄養バランスの違いをおさらいしよう!

関連記事:【味博士の味覚コラム】もっと日本食を食べよう!

 


 

味覚のおもしろ話がいっぱい!

FacebookTwitterで、味博士をフォローしてね!

 

当ブログでは、味覚に関する企画を募集しております。
味博士に聞いてみたい味覚の謎、気になるおいしい食べ合わせなど何でも結構です。
ご気軽に問い合わせフォームまたはコメント欄にご意見をお寄せ下さいませ。

 

味覚に関する詳細は拙著をご覧ください。
日本人の味覚は世界一 /
【日本人の味覚は世界一 (廣済堂新書 36) [新書]】
■鈴木 隆一 (著)
■廣済堂新書
■税込¥ 840

 

 

食×科学カテゴリの最新記事