【気になる!】国民食のラーメンとカレー、どっちが人気?

【気になる!】国民食のラーメンとカレー、どっちが人気?

■ラーメン・カレーライス人気の今は?

141113_ラーメンイメージラーメンカレーライスは、国民食として日本で広く愛されています。

元々は、明治時代の西欧化の流れで日本にやってきたラーメンとカレーライス。

両者が普及してから相当な時間が立っていますが、未だその人気は尽きていません。

しかし、いつも国民食として肩を並べているラーメンとカレーライスですが、本当に同程度の人気なのでしょうか?それとも差が出始めているのでしょうか?

今日はそれを考察してみます!

 


 

■店舗数と人気投票

2014年11月13日現在、iタウンページに登録されている「ラーメン店」の店舗数は31162件。一方の「カレー店」は4783件あるようです。

検索はこちらで行いました:iタウンページ <http://itp.ne.jp/?rf=1> (2014/11/13取得)

店舗数だけ見ると、ラーメン店が圧勝ですね。

 

一方、ゼゼヒヒによるインターネット国民調査においては、現在カレー派の方がラーメン派を上回っています

ソース:ゼゼヒヒインターネット国民調査「Q.00151 あなたはカレー派? それともラーメン派?」
<http://zzhh.jp/questions/151#> (2014/11/13取得)

 

こうした数字を見ると、現在においてもラーメンもカレーも同等に根強い人気であることが伺えます。

 


 

■カレー×ラーメンは流行るか?

141113_カレーイメージ

「ラーメンもカレーも人気であるなら、一緒に食べてしまうのはどうだろう!?」

そんな風に頭をよぎった方もいらっしゃるかもしれません。

カレーうどんのようなノリの、カレーラーメン

はまたま、チャーハンの代わりにラーメンwithカレーライス

これらは普及してはいませんし、皆さんも一緒に食べる事は少ないと思いますが、実は流行のポテンシャルを持っていたりするのでしょうか?

味の相性を調べるべく、食べ物の基本5味を測定できる味覚センサーで、醤油ラーメンとカレーライスの味覚を測定してみました。

141113_ラーメンカレーmarged

このように、醤油ラーメンもカレーライスも、どちらも旨味と塩味を強く持つ食べ物です。

これは、味噌やとんこつといった他の味のラーメンについても同様です。

つまり、味が被っちゃっています!業界被りのライバル同士です。

こういう場合、残念ながら相性が良いとは言いにくくなります。

味が多様化し調理法が日々進化しているにも関わらず、ラーメンとカレーライスが長年メインストリームに現れる事がなかったのは、こうした理由があったのですね。


 

味覚のおもしろ話がいっぱい!

FacebookTwitterで、味博士をフォローしてね!

 

当ブログでは、味覚に関する企画を募集しております。
味博士に聞いてみたい味覚の謎、気になるおいしい食べ合わせなど何でも結構です。
ご気軽に問い合わせフォームまたはコメント欄にご意見をお寄せ下さいませ。

 

味覚力に関する詳細は拙著をご覧ください。
141006_book2
【「味覚力」を鍛えれば病気にならない――味博士トレーニングメソッド (講談社)】
■鈴木 隆一 (著)
■講談社
■税込¥ 905

 

 

食×科学カテゴリの最新記事