熟成チーズを美味しくする音楽は、クラシックではなくヒップホップ音楽なのかもしれない。

熟成チーズを美味しくする音楽は、クラシックではなくヒップホップ音楽なのかもしれない。

「クラシック音楽を聞かせて熟成させたお酒は美味しくなる」という説はよく聞きますが、チーズを美味しくさせるのは実は、ヒップホップ音楽かもしれません。

どんな音楽がもっともチーズを美味しく熟成させるのか。

スイスのベルン芸術大学の学生が地元のチーズ商Käsehaus K3と共同研究を行い、どんな音楽がチーズの熟成にいい影響を与えるか調べました。

実験に用いられたのは地元名産のエメンタールチーズ 。
同じミルクを使用し、同じ日に同じ釜で作り、条件を合わせたチーズをホイールのまま実験用の箱に入れました。そしてそれぞれの箱で、5種類の違うジャンルの音楽を聞かせて6ヶ月間熟成させました。。

5種類の音楽は以下の通り。

アンビエント:Yello「Monolith」
クラシック:モーツァルト「魔笛」
テクノ:Vril「UV」
ロック:レッド・ツェップリン「天国への階段」
ヒップホップ:A Tribe Called Quest “Jazz (We’ve Got)”

※リンク先で実際の音楽を聞くことができます。
どれが美味しくなりそうだと感じますか?

実験結果は予想外。

この研究では、チーズ職人や芸術家、科学者が試食し、官能試験を行いました。意外にも、ヒップホップサンプルは非常にフルーティーな味と匂いを持つことが注目されました。

音楽ジャンルだけでなく曲調でも異なるでしょうし、音楽が食品の熟成にどれだけ影響を及ぼすか、はっきりとした成果を得るにはまだまだ検証が必要です。ロックもバラードではなく激しい曲なら違いが出たかもしれません。もっと研究が進むと面白いですね!
レコードショップとチーズ専門店のコラボレーションショップなんてできたら楽しそうです!


参考:Sensorische Konsensanalyse der Zürcher Hochschule für angewandte Wissenschaften ZHaW

Hip-Hop Makes Cheese Taste Sweeter, Study Says
h

食×科学カテゴリの最新記事