納豆を「付属のタレ」以外でおいしく食べる6つの方法

納豆を「付属のタレ」以外でおいしく食べる6つの方法

■打倒!納豆トラップ

あなたは、納豆を食べる時にこんな経験をしたことはありませんか——

納豆を付属のタレ以外で食べる

いざ納豆を食べようと思ったら・・・

納豆を付属のタレ以外で食べる
タレとカラシが付いてないやつ買っちゃった。

あるいは。

150423_nattoariタレとカラシは付いているけど・・・

150423_akita

そんな時に覚えておきたいのが、付属のタレ以外を使って納豆を美味しく食べる方法です。

一体何をかければ・混ぜれば、美味しくなるのでしょうか?早速見てみましょう!

 


 

■醤油には頼りたい「醤油+○○」タイプ

.醤油+マヨネーズ

少々口の中がねっとりしますが、マヨネーズの酸味とコクが納豆を包み込み、食べやすい味になります。

.醤油+砂糖

砂糖の甘味と醤油のしょっぱみのバランスが美味しく、強い粘り気の食感も楽しめる食べ方です。

. 醤油+粉チーズ

チーズのまろやかさと塩味が納豆によく合います。お酒のおつまみにもなりそうな味です。

 

■醤油なしでも生きていけるパターン

.梅・ゆかり

梅やゆかりを加える事でさっぱりした納豆を食べる事が出来ます。これからの季節にオススメ!

.豆腐+かつお節

こちらは大豆の贅沢使い技。もはや豆腐と納豆どちらが主役なのか分からなくなりますが美味しいです。

.ごま油+キムチ

ごま油の風味がキムチと納豆の味を引き立てて絶妙な味わいに。ごはんがホイホイ進みます。 

 

いかがでしょう。味の想像はつきますでしょうか…?

ちょっと違った納豆を食べてみたい時に、ぜひ試してみてくださいね!

 

*関連記事

【味コラム】あなたいくつ知ってますか?意外な美味しい食べ合わせ!

「塩ひとつまみ」で美味しくなる3つの食材

気分はプレミアム?―お菓子を「大人の味」にする魔法♪

 


 

味覚の話題なら味博士にお任せ!

FacebookTwitterもぜひチェックしてください♪

 

当ブログでは、味覚に関する企画を募集しております。味博士に聞いてみたい味覚の謎、気になるおいしい食べ合わせなど何でも結構です。ご気軽に問い合わせフォームまたはコメント欄にご意見をお寄せ下さいませ。

味覚に関する詳細は拙著をご覧ください。

味覚力を鍛えれば病気にならない

 

 

 

 

【「味覚力」を鍛えれば病気にならない (講談社プラスアルファ新書) [新書]】
■鈴木 隆一 (著)
■講談社プラスアルファ新書
■税込¥ 905

役立ち情報カテゴリの最新記事