卵焼きは油を変えるだけで出来たてのおいしさが保てる!?

卵焼きは油を変えるだけで出来たてのおいしさが保てる!?

卵焼きの出来たての味を保つには?

卵焼きは油を変えるだけで出来たてのおいしさが保てる!?

お弁当や作り置きの卵焼き。作ってから時間が経つのは仕方がないですが、いつまでも出来たての味を楽しみたいものですよね。

とくにまだまだ暑さが残るこの季節…万全に保存したはずなのに少しでもすっぱくなっていたりすると、「あれ?悪くなってる…?ショック…」なんて事態になりがち。

しかし、実は”ある油”を使うと出来たての味を保つことができるのです。

味覚センサーで検証してみた

用意したのはオリーブ油・キャノーラ油・ごま油の3種類。サラダ油に比べて味のクセはありますが、どちらかというと酸化しにくい3つです。

そして検証するのは味覚センサーレオ!!!!

卵焼きは油を変えるだけで出来たてのおいしさが保てる!?

検証するのは味の経時変化。時間の経過とともに強くなりがちで、”悪くなっている”の指標にもなる「酸味」がどのように変化しているかを調べていきます。

その結果がこちら。

卵焼きは油を変えるだけで出来たてのおいしさが保てる!?

オリーブ油、キャノーラ油は順調な右肩上がりとなっています。しかし順調な右肩上がりとはいっても、今回の場合はまったく嬉しくありませんね。なお、この2時間後、6時間後の酸味の値は95%以上の人がわかる有意差です。

それに比べてごま油は6時間後でも酸味がほとんど変わっていません。この味の変化を感じられる人はほとんどいないと言って良いでしょう。

6時間後でも味が変わらないのであれば、お弁当に入れてもほぼ出来たての味が変わらない状態で食べられるということになります。

みなさんも、卵焼きを作るときはぜひごま油を使って作ってみてください♪

関連記事:
「たまご」の漢字表記を「卵」とする人は女性脳の傾向!?

味覚センサーレオカテゴリの最新記事