意外な事実

朝イチのコーヒーは意味がない!?学者が示す「コーヒーを飲む適切な時間」

朝イチのコーヒーは意味がない!?学者が示す「コーヒーを飲む適切な時間」

あなたには毎朝、仕事に行く前にコーヒーを飲んで目を覚ます習慣がありますか?コーヒーを飲むと一気に目が覚める……それはもしかしたら心理的なものかもしれません。

アメリカはベセスダにあるユニヴァーシティ・オブ・ザ・ヘルス・サイエンスの神経科学教授スティーヴ・ミラーによれば、コーヒーを飲むのにもっとも適した時間は日中のブレイク・タイムであるそうです。

「朝、目覚めるためのコーヒーは意味がない」と語る教授、その理由はなんでしょうか。

コーヒーを飲むベストな時間は9時半から11時半

ミラー教授によれば、最初のコーヒーを摂取するのに有効な時間は、午前中9時半から11時半の間。その理由は、この時間帯に「ストレスのホルモン」と呼ばれるコルチゾールの値が最も低くなるからです。

コルチゾールは、コーヒー同様の覚醒の作用があるといわれています。朝の8時から9時の間はこのコルチゾールの値が高く、コーヒーを飲んでもその作用は無駄になってしまうわけ。

また教授は、体内にすでに覚醒のための物質がある状態でカフェインを摂取すると、その働きを相殺する上に、覚醒効果を得るためにカフェインの摂取が増加していく傾向にあるとも述べています。

コーヒーも薬と同じで、その有効成分を活かすためには必要な場合にのみ摂取してこそ意味があります。朝一番で飲むコーヒーは耐性化をもたらす可能性もあって意味をなさないんです。

コルチゾールの値は、さらに午後の17時半から18時半の間にも上昇します。この時間も、コーヒーの摂取はひかえたほうが良いでしょう。

ただしこれはあくまで原則。早朝も未明に起床する人や、逆に朝寝坊する人は別のサイクルになってきます。

朝、目覚めるためのコツとは

朝イチのコーヒーは意味がない!?学者が示す「コーヒーを飲む適切な時間」

ちなみに、コーヒーなしでどうやって一日を気持ちよく始めればいいかという質問について、ミラー教授は「日光に当たるのが一番」と答えています。

また別の学者は、朝のコーヒーの代わりにリンゴを1個食することは試す価値ありとしています。

というのもコーヒーは、摂取してもエネルギーを供給もしてくれません。朝の空腹時にコーヒーを摂取すると、血糖値が急激に下がってしまうんです。

リンゴは逆に、覚醒作用を有する成分は持ち合わせていませんが、体が迅速に一日のスタートラインに立つためのエネルギーを補給してくれるそうですよ。

参考:
Il momento migliore per un caffè (non al momento della sveglia)
Meglio un caffe’ o una mela quando ci svegliamo al mattino?

関連記事:
コーヒーで痩せる?カフェインがダイエットに及ぼす影響
コーヒーは冷めると苦くなるって本当?
硬水・軟水でコーヒーの味は本当に変わるのかを可視化してみた!