値段の高いチーズは本当においしいのか?味覚センサーで検証してみた

値段の高いチーズは本当においしいのか?味覚センサーで検証してみた

カマンベールチーズには格がある

kitchen-1017719_640

 

チーズのなかで、もっとも有名で、もっとも広く愛されているものと言えば、「カマンベール」でしょう。
そのまま食べてもミルキーな味わいでおいしいですが、フライやチーズフォンデュにしたりなど、調理の幅が広いことも魅力のひとつです。一時は、「カマンベール鍋」なんかも流行しました。

しかし実は、このカマンベールには、「」があることをご存知ですか?

スーパーで購入するカマンベールチーズとは違い、非常に厳しい条件によって作られているカマンベールチーズがあります。

それが、「カマンベール・ド・ノルマンディー」。審査があるだけあって、お値段も少しお高めです。

今回はこのお高いチーズ(カマンベール・ド・ノルマンディー)とその辺のスーパーで購入した安いチーズ(普通のカマンベール)でどれだけ味が違うのか…

お高いチーズにお高いお値段を出す価値があるのか!?を味覚センサーで検証します。

選ばれしチーズ「カマンベール・ド・ノルマンディー」

カマンベール・ド・ノルマンディー”という名前を名乗るには、以下の条件が必要になります。

・フランスのノルマンディー地方で作られている
・殺菌をしていない牛乳を使っている
・伝統的な手法でなければならない
・直径10.5~11センチで、重さは250グラム以上、高さは3センチ以上
・丸く作る

これらをクリアしたものでないと、この「カマンベール・ド・ノルマンディー」の名前を名乗ることができないのです!

ちなみにこちらの「選ばれしチーズ」カマンベール・ド・ノルマンディー様のお味については、香りが豊かで、味も濃く、ややクセが強い傾向にあります。

「カマンベール」というと、一般的には「カビのチーズのなかでも食べやすい味わいである」といったイメージがありますが、カマンベール・ド・ノルマンディーは、カマンベールとは違い、押し出しや個性の強い味です。

白ワインやシードルとの相性がとてもよく、チーズの旨味を存分に楽しめます。また、非常に濃厚な旨味があるため、赤ワインを受け止めることができます。

カマンベール・ド・ノルマンディーVSカマンベール

それでは実際に選ばれしチーズである「カマンベール・ド・ノルマンディー」と通常の「カマンベール」の味を人間の味覚を模した味覚センサーレオで比較してみましょう。

ちなみにこちらが購入した高いチーズ(カマンベール・ド・ノルマンディー)。お値段は安いチーズの6倍ほど。

ここでは、特に違いがわかりやすい「甘味」「旨味」「コク」について取り上げます。

まずは甘味から。

cheese_amami2

これは…ちょっとびっくりするくらい、数値で見ると全然違いますね。高いチーズの方が芳醇な甘さがあり、食べやすいことが明確です。

お次はチーズのメイン、旨味。

cheese_amami

旨味のあるチーズというのは、少量でも強い満足感をもたらします。この「旨味」が強いのは、やはり…高いチーズ。

最後にコクです。

cheese_koku

深い味わいと、舌を楽しませる濃厚なコク……。それはチーズの楽しみのうちの一つです。高いチーズではそれが存分に楽しめます。お酒の肴にも使いやすいことがわかりますね。

味覚センサーレオで検証すると、高いチーズの方がやはりおいしいという結果に…。費用の面で折り合いさえつけば、高いチーズのほうがおすすめです。

ただ、もちろん、「カマンベール・ド・ノルマンディー」「カマンベール」と一口にいっても、生産者や生産地、熟成期間によって味わいには違いがあります。そのため、「普通のカマンベールなのに濃厚な味である」と判断されるチーズもあるかと思われます。今回の安いチーズは当該チーズの名誉のために伏せておきますが、種類によっては高いチーズを超えるものもあるかもしれません…

また、どちらのチーズでも、表面は固くなっています。この固くなった部分も美味しいのですが、少しえぐみや食べにくさを感じるかたは剥して食べてくださいね。熟成が進んだカマンベール(カマンベール・ド・ノルマンディー)や一部のチーズでは剥すことが難しいこともあるので、その場合は皮のなかにスプーンを入れて、チーズをすくいとる方法をとりましょう!

味覚センサーレオカテゴリの最新記事