【味博士の味覚コラム】日本人の味覚を育てたルーツとは?

【味博士の味覚コラム】日本人の味覚を育てたルーツとは?

ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_m

前回「旨味を感じた日本人の味覚」で、日本人の味覚は特殊だということを書きました。そのルーツはどこにあるのでしょうか?

それは、”海産物”にあります。

日本は島の形が細長いだけでなく、海岸線が複雑で長く、変化に富んでいるため、内陸が少ないのです。さらに、日本列島の北から千島列島に沿って親潮寒流が流れ、南からはフィリピン沖から黒潮暖流が流れてきます。日本はちょうどその接点にあり、豊富な海産物をたくさん摂ることができるのです。

このように恵まれた環境にある日本人は、昆布やカツオなど、だしの取れる食材に慣れ親しむことができました。そのため、昆布だしやカツオだしなどに慣れた味覚を有するようになり、旨味についても感受性が鋭くなったのです。

日本が海産物を食べている時に、他の国は何を食べていたのでしょうか?次回以降は他の国の味覚について、解説していきます。

詳細は拙著をご覧ください。

日本人の味覚は世界一 /
【日本人の味覚は世界一 (廣済堂新書 36) [新書]】
■鈴木 隆一 (著)
■廣済堂新書
■税込¥ 840

味覚の知識カテゴリの最新記事