2014年9月22日

味覚分析のアウトプット事例

こうした味覚分析を用いれば、商品開発やマーケティング、PR・広告制作、品質管理に役立てる事ができます。

ここでは、いくつか事例をご紹介致します。

 

1)マッピング制作の例:ワインチャートの制作

スライド05

こちらは、いくつかの種類のワインの味を「辛さ」「ボディの強さ」の2軸でマッピングし、ECサイトの広告として利用した例です。
こうしたマッピングは、商品の特性の視覚的な理解に役立つため、消費者が好みに合わせた商品選択をスムーズに行えるようになります。
このワインの例においては、購入前に”このチャートを見た場合”と”商品写真と説明文を見た場合”を比較したところ、チャートを見た場合の方が5倍も購入率が高い結果となりました。

 

2)他社製品との比較・優位性アピールの例:チーズの旨味比較
スライド03

こちらは、チーズや豚肉の味覚を従来品やメーカー間で比較し、広告にデータ提供をした例です。
こうした比較データを用いた商品解説は、自社商品のアピールポイントを客観的に表現でき、消費者の商品理解の向上や売り上げ増加に有効です。

 

3)相性度測定の例:お酒とおつまみの相性

スライド12
こちらは、日本酒とおつまみの相性度を算出し、メーカーサイトに掲載されたものです。
こうした相性度の測定は、相性の良さを数値で証明することができるため、自社製品の美味しさを引き立たせる食べ方の提案や、シーンに合わせた商品選択を支援することができます。

 

その他の事例に関しましては、こちらのPDFをご覧下さい。

 

Topに戻る<<味覚事業
Previous<<味覚センサーとは